オリックス銀行カードローンの口コミ情報

どこのカードローンを利用するのか、悩んだときに参考になるのが、口コミ情報です。
実際の利用者の生の声をきくことができ、非常に役立つ情報をたくさん得ることができます。
その商品の長所だけでなく、短所もきちんと説明されていますので、利用を検討する材料として有益です。

 

低金利と限度額で人気の高いオリックス銀行カードローンですが、実際の利用者の口コミ情報には、どのような声が上がっているのでしょうか。

 

どの口コミを読んでもオリックス銀行の評価が高く、満足度も高く、なにより銀行なので安心して申し込めそうと思い利用を考えました。

申し込みの対応が丁寧でした。
実はカードローンなどの借り入れをするのは全く初めてだったのですが、心配も吹き飛びました。
オリックス銀行のウェブサイトで確認したときは、審査完了までに3日ほどかかる、土日などをはさめばもっとかかる、ということでしたが実際にはそれほどかかりませんでした。

申し込んだのが平日の夕方ぐらいでしたが、すぐ次の日に連絡をもらってあっという間に審査が終わってしまいました。
在籍確認は会社の電話で受けました。
銀行名でかけてきてくれたので、周りには口座を申し込んだと説明しておきました。
さらにこれぐらいかな、と自分で予測していた金利より低い設定にしてもらえて、本当に助かりました。

毎月の約定返済額が低いので助かります。
返済額が低いと、返済期間が長くなってしまうという心配もあったのですが、趣味のために使うお金は絶対に確保したいと思っていたので、オリックス銀行のカードローンの設定なら返済計画が立てやすいです。

お金を借りる時に、書類の準備って意外と面倒です。
身分証明書は運転免許証がありますが、収入証明書には色々決まりがあります。
しかし、オリックス銀行カードローンは、収入証明書を提出しなければならないのは希望限度額が300万円以上です。
80万円から100万円の限度額希望の場合には、提出する必要がなさそうと思いました。
実際、申し込み時も提出を求められることはなく、運転免許証だけで契約できました。」

オリックス銀行カードローンは金利が低く限度額が大きいので、審査時間が長くかかるだろうという覚悟をもって申し込みました。
銀行本体のカードローンなので、いつに借りられるようになってもいいから、どうせ借りるのならオリックス銀行カードローンがよい!と思っていたら、2日で可決の返事をもらい即借り入れできました。
借りられるようになるまで少なくとも1週間以上はかかるだろうという予測だったので、この素早い対応に感謝しています。

毎月返していかないといけないですから、できるだけ返済額が少ないほうがよいとオリックス銀行カードローンを選びました。
大型のカードローンなのに、毎月の最少約定返済額が低いです。
他の出費などもあり、月々の返済額が抑えてあると計画も立てやすくラクに返済していくことができます。
借りる時はあまり先を見越して返済のことまで考えないことが多いのですが、オリックスのようになっていると安心です。

 

このように、オリックス銀行カードローンの口コミ情報には、好意的なものが多くなっています。
「低金利」「スピード」「毎月の返済金額」などに高評価を得ているようです。

審査に合格するためのポイント

カードローンの審査基準は、各社異なっており、一般的には公表されていません。
「自分は審査に絶対合格できる」と自信をもっていえる方はそうはいらっしゃらないでしょう。
多くの方が「自分は審査に合格できるだろうか」と不安に感じるはずです。

 

審査基準が公表されていないからといって、何も対策を取らないというもの残念なものです。
審査に合格しやすいポイントとは、やはり存在しているもので、アテヅッポで申込ことはおすすめできません。
オリックス銀行カードローンを申込む場合にも、なるべく審査に合格できるように、以下のポイントの注意しておくようにしましょう。

 

○個人信用情報に注意する

 

カードローンの審査項目で特に重要視されるものが「個人信用情報」です。
過去や現在の金融機関ローンの利用履歴に問題がある場合には、まず審査に合格することができません。
収入が十分でも、申込者の信用能力が欠如していると判断されてしまいます。

 

過去に自己破産などの金融事故や長期(おおむね3ヶ月以上)の返済遅れの情報は、発生時点から5年間は保存されます。
この間にはカードローンの申込はできないと考えておきましょう。

 

現在の借入状況、特に借入件数と残高にも注意しておく必要があります。
オリックス銀行カードローンは「総量規制」の対象外で、総借入が年収の3分の1以内という縛りはありません。
だからといって、他に多くの借入を抱えている状況で新規に申込んでも返済能力を疑われるだけです。
「ひょっとして返済に困っているのでは」と疑問を受けることになります。

 

直近の申込状にも注意です。
立て続けに複数の申込履歴が確認されると、審査担当者も疑念を感じます。
どうしても借入したいあまり、続けて申込むようなことはやめておきましょう。

 

○申込に嘘をつかない

 

カードローンの審査には、誰でも合格したいと思うものです。
そのあまり、申込内容に嘘の申告をされる方が意外と多くいらっしゃいます。
「これくらいの嘘はばれないだろう」と安易な考えから、結局は自分の首を締めることになります。

 

あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうぁ。
カードローンはお金の貸し借りで、お互いの信用関係が重要です。
嘘をつく方に安心してお金を貸すことができる方は、そうはいらっしゃらないでしょう。

 

審査担当者は、金融のプロです。
素人の申込者がついた嘘など、すぐに見抜く目をもっています。
収入、勤務年数、居住年数など不自然な点があれば、即座に審査不合格となります。

 

とくに、オリックス銀行カードローンでは、申込金額300万円以下は収入証明書の提出が不要となっています。
だからといって、収入金額を少し多めに記入しても分からないだろうと考えるのは早計です。
あらゆる項目から不自然さが確認されて、結局は合格できる基準でも不合格になるということもあり得るのです。
申込内容は、正確に行うようにしましょう。

 

審査基準が明確でないからこそ、自分で注意するべき点は、最大限注意するようにしましょう。